ネイリストの資格を取得して技術を磨こう|手に職を就ける

自分を助けてくれます

女の人

ファッション業界で将来的に働きたい人は、専門学校に通うと良いでしょう。弱肉強食の世界を生き残るためにも、服飾専門学校で基礎を固めるというわけです。また、服飾専門学校に通うなら、カリキュラムの中身も事前に確認しましょう。

もっと見る

こえるためにも必須です

ネイル道具

爪の手入れやオシャレをするネイルアート関係の仕事に就きたい方は、ネイルスクールに通うのがおすすめです。また、ネイリストとしての信頼を得たいのであれば、資格試験を受けるのもいいでしょう。興味があるスクールは資料請求するなどして情報収集することが大切です。

もっと見る

アイリストになるには

睫毛

まつげエクステのサロンで働くためには資格が必要です。アイリストというその資格を取るためには筆記試験と実技試験を要しますので、サロンで働きたいと考えているあなたはまずは無料の資料請求や無料お試しレッスンを受けてみるとよいです。

もっと見る

検定取得は採用の大前提

ネイル

ネイルに関する資格には、JNECネイリスト技能検定、JNAジェルネイル技能検定、JNAネイルサロン衛生管理士、INAネイルスペシャリスト技能検定、INAジェルネイル技能検定などがあります。JNECはJNAのネイリスト技能検定の試験業務の譲渡受けて以後主催している団体です。INAネイルスペシャリスト技能検定を除いて、いずれも下の級から順に受けていく必要があります。試験は実技と筆記です。ネイルサロン衛生管理士はセミナーを受講し、筆記に合格すれば取得できます。セミナー情報はネット上に掲載されていることがあるので、いつ開催されるか定期的に確認しておくのがおすすめです。

ネイリストになるのに資格は必ずしも必要ではありませんが、取得していればサロンでの採用も有利になります。先述の通り、求人の際に応募条件として2級取得をあげているサロンも多いため、取得していないと応募できるサロンも限られてきます。また自宅などでサロンを開業するときでも、やはり資格を取得している施術者の方が客も安心できます。サロン開業を考えているなら特にネイルサロン衛生管理士も取得しておくといいでしょう。サロンの主流はジェルネイルですので、ジェルネイル検定も取得しておきたいところです。しかしジェルネイル検定だけでは就職の際ネイリストとしてアピール不足になりますので、ふたつとも取得するのがもっとも望ましいことになります。また国家資格である美容師免許を持っていると、サロン併設の美容院など、仕事の選択の幅が広がります。

Copyright © 2017 ネイリストの資格を取得して技術を磨こう|手に職を就ける All Rights Reserved.